コンテンツ
関連情報










 

 ワシントン州ライセンス申請に必要なCPEクレジットについて

要求されているCPEクレジット

ワシントン州CPAライセンス申請に当たっては、ライセンス申請前に同州が要求しているCPEクレジット(継続教育クレジット)の取得が必要となることがあります。このルールの適用を受けるのは以下に該当する方です:

CPA試験最終合格から4年以上経過している人、かつ
CPA試験最終合格からライセンス申請日までの間にワシントン州が規定しているCPEクレジットの取得を完了していない人。

 

注意事項

ワシントン州のCPEクレジット要件については以下の点に注意してください:

必要なクレジットはAICPAまたはNASBAの承認を受けた120CPEクレジットです。
上記の120CPEクレジットにはワシントン州倫理にかかる4クレジットが含まれていることが要求されています。
CPA試験最終合格後に米国の会計・ビジネス関連単位を取得した場合は、その単位をワシントン州の単位要件を満たすために使わなかった場合に限りCPEクレジットとしてクレームすることができます(重複申請の禁止)。
AICPA倫理試験の合格により発行されるCPEクレジットは使用できません(重複申請の禁止)。
このルールを知らずに、試験合格から4年を経過しているにもかかわらず120CPEクレジットを取得することなくワシントン州のCPAライセンス申請フォームにサインをして提出してしまうと、州の偽証罪の適用を受けます。そして将来のライセンス監査若しくはCPE監査でこの件が発覚すれば、ライセンスの剥奪はもちろん、偽証罪で告発される場合もあります(最悪の場合は米国入国ができなくなります)ので注意してください。

 

CPEクレジットの取得が済んでいない方へ

当事務所ではCPEクレジットの取得が済んでいない方を対象にしたサポートサービスを提供しています。詳しくはCPEクレジット取得サポートサービスをご覧ください。

 

 

     

COPYRIGHT (C) LAW OFFICE OF GEN SEKIGUCHI.  ALL RIGHTS RESERVED.