会計経験ゼロからのCPAライセンス取得プラン。CPAライセンス取得に必要な会計経験が日本から効率的に取得できます

 

 

 

 

 

 

b
 
2006年のモンタナ州CPA法改正について

2006年のモンタナ州CPA法の改正により、2007年以降SSN(Social Security Number)を持っていない人のライセンス・サーティフィケートの新規登録ならびに更新に制限が加えられることになります(SSNについての詳細はここをクリック)。

このため、すでにモンタナ州でライセンス・サーティフィケート登録を済ませている人は場合によっては今回のCPA法改正により、2007年1月1日以降、「USCPA」の肩書きを使用することができなくなりますので注意が必要です。


モンタナ州のSSN提示要件

今回のモンタナ州CPA法改正の内容は以下のとおりで、2007年1月1日より施行されます(注1)。

1 CPAライセンス(Practice to Permit)の新規申請はSSNを提示しない限り却下されます。
2 CPAライセンス既得者の更新申請も特例が適用される場合を除き、SSNの提示が必要になります。
3 CPAサーティフィケートの新規申請もSSNを提示しない限り却下されます。
4 CPAサーティフィケート既得者の更新申請も特例が適用される場合を除き、SSNの提示が必要になります。
 

注1:すでに2006年9月以降のライセンス・サーティフィケートの新規申請については、審査段階でSSNの提示を要求され、提示ができない場合は申請が却下されています。

 


ライセンス・サーティフィケート既得者に対するアドバイス

一定の条件を満たすライセンスまたはサーティフィケート既得者に対しては、特例が認められる場合があります。この特例が認められればSSNを提示せずにCPAライセンス・サーティフィケートの更新が可能になります。

この特例は2007年6月まで(暫定)有効ですので、2007年1月1日以降もライセンス・サーティフィケートの更新ができる可能性があります(注2)。

当事務所では上記特例に基くSSN無しでのモンタナ州CPAライセンス・サーティフィケートの更新手続きサポートサービスを提供しています。このサービスの詳細をご希望の方は、無料コンサルテーション・フォーム(モンタナ州用)に必要事項を記入して送信してください。

注2: ライセンス・サーティフィケート更新の〆切りは2006年12月31日(当日消印有効)ですが、上記の特例を利用すれば、〆切り日を過ぎてもライセンス・サーティフィケートの復活ならびに更新を行うことが可能になりますので、諦める必要はありません。


【コンテンツ】
|
トップ |
CPAライセンスが求められる理由|  サービス比較表 | 事務所紹介 | サイトマップ |Link|

【CPAライセンス申請サポート ・サービス】
| サービスの内容 | 申込方法&手続き | 費用 | FAQs | 無料コンサルテーション |

【その他のCPAライセンス関連サービス】
| CPEクレジット取得サポート | 会計経験認定サービス | 会計経験取得プログラム |


Copyright © 2010-2012 Sekiguchi CPA-Attorney's Office.  All Rights Reserved.