b
 
日本での会計経験でCPAライセンスが取得できます

CPAライセンス申請サポート・サービスとは、CPA試験合格者を対象としたライセンス申請サポート・サービスで、ライセンス申請の作成はもちろん、会計経験の認定、試験合格結果の移転手続き、AICPA倫理試験対策等を総合的にサポートするサービスです。

このサービスをご利用いただけば、米国での実務経験がなくても、またLicensed US-CPAの下で働いた経験がなくてもCPAライセンスを取得することが可能です(注1)。例えば:

米国内での経験がなくてもCPAライセンスの取得が可能です。
監査経験がなくてもCPAライセンスが取得できます。
Licensed US-CPAの下で働いた経験がなくてもCPAライセンスの取得が可能です。
英文会計の実務経験がなくてもCPAライセンスが取得できます。

「米国内で働いた経験がないから」とか「Licensed US-CPAの下で働いたことがないから」とかの理由でCPAライセンスを諦めていた方は、ぜひライセンス申請サポートサービスをご検討ください。

注1:ライセンス取得のためには、ライセンス申請州が要求している単位要件を満たしていることが条件となります。


CPAライセンス申請サポートサービスの概要

職業会計人にとって米国CPAライセンスは、もっとも価値のある資格のひとつです。この最高資格を確実にかつ短期間で取得していただくため、当事務所ではCPA試験合格者を対象に以下のサービスを提供しています:

CPAライセンスの取得に関するコンサルテーション(無料)
合格結果のトランスファーに関する分析(無料)
CPAライセンス申請書作成代理ならびに作成サポート
経験認定(Verifying Service)ならびに経験認定申請書作成サポートサービス
取得単位の再認定手続きに関するサポート
試験合格結果の移転手続きに関するサポート
ライセンス・サーティフィケートの移転手続き(該当者のみ)
ライセンス申請書の作成・提出ならびにライセンスの取得に関するサポート
ライセンス審査の段階で、当該CPA協会から質問等を受けた場合の対応
継続教育クレジット(CPE)取得に対するアドバイス
ライセンス更新に関するアドバイス
ライセンス監査に対する立会い、リプリゼンテーション
 

CPAライセンス申請サポートサービスのサービスの特徴

このサービスの特徴は次のとおりです:


  CPA-Attorney(米国弁護士ライセンスならびにUSCPAライセンスのダブル資格保有者)があなたのライセンス取得をサポートします。

数多くのCPAライセンスを申請に成功しています。上場企業で勤務されている方や大手監査事務所に勤務されている方はもちろん、英文会計の経験がなく、またCPAの下で働いた経験もない人のライセンス取得にも成功しています。

各州のライセンス審査官と綿密な連絡を取りながら申請を行いますので、特殊なケースでもライセンス申請が可能です。

経験豊富なUSーLicensed CPAがV/CPA(あなたの会計経験を承認するCPA)としてサインをしますので、ライセンスの取得がスムーズに行なえます。

注意Verifying CPAサービスがご利用いただけるのは原則としてワシントン州、モンタナ州、ケンタッキー州、ならびにグアムの4州となります


万一、最終的にライセンスの取得が出来なかった場合はサービス料の一部または全部を返金しますので安心してご利用いただけます。

注意:当該CPA協会ならびに単位審査機関へ支払う申請料実費は返金の対象にはなりません。


ライセンス監査への立会い、継続教育クレジット取得へのアドバイス等アフターサービスも万全です。
 

サービスをご希望の方へ

このサービスをご希望の方は以下のページをご覧ください:


【コンテンツ】
|
トップ |
CPAライセンスが求められる理由|  サービス比較表 | 事務所紹介 | サイトマップ |Link|

【CPAライセンス申請サポート ・サービス】
| サービスの内容 | 申込方法&手続き | 費用 | FAQs | 無料コンサルテーション |

【その他のCPAライセンス関連サービス】
| CPEクレジット取得サポート | 会計経験認定サービス | 会計経験取得プログラム |


Copyright © 2010-2012 Sekiguchi CPA-Attorney's Office.  All Rights Reserved.