b
 
CPA「ライセンス」が求められる4つの理由

最近、CPA「ライセンス」の取得を目指す人が増えていますが、背景には次の4つの理由が考えられます:

Reason 1 「試験合格」ではなく「ライセンス保持者」として会計実務経験をアピールし、年収アップ・転職を成功させたい。 詳細
Reason 2 各州のライセンス申請要件は年々厳しくなっている。将来ライセンス取得が出来なくなってしまう可能性もあるので、今のうちにライセンスを取得しておきたい。 詳細
Reason 3 「CPA」という肩書きを名刺や履歴書に合法的に記載したい。顧客や関与先に自分がCPAであることをアピールもしたい。ただし、肩書きの不正使用が原因で不利益を蒙ったり、会社に迷惑がかかることは避けたい。 詳細
Reason 4 日本で公認会計士・税理士事務所を経営しているが、CPAライセンスを活用して新規関与先の開発を図りたい。 詳細
 

全体的な傾向としては、現在すでに平均以上の収入を得ている人がさらなる年収アップ・昇進・転職等の目的でCPAライセンスを目指すというケースが目立ちます。

また、受験中からライセンス取得を視野に入れて準備を進める人も増えています。これは、受験生の間で「試験に合格しただけでは好条件の就職・転職が難しい」という認識が広まったためだと考えられます。

     

次のページへ


【コンテンツ】
|
トップ |
CPAライセンスが求められる理由|  サービス比較表 | 事務所紹介 | サイトマップ |Link|

【CPAライセンス申請サポート ・サービス】
| サービスの内容 | 申込方法&手続き | 費用 | FAQs | 無料コンサルテーション |

【その他のCPAライセンス関連サービス】
| CPEクレジット取得サポート | 会計経験認定サービス | 会計経験取得プログラム |


Copyright © 2010-2012 Sekiguchi CPA-Attorney's Office.  All Rights Reserved.